【株式会社メディアグローバルリンクス】2017年3月期 第2四半期決算説明会

【株式会社メディアグローバルリンクス】2017年3月期-第2四半期決算説明会

メディアグローバルリンクス代表取締役小野孝次でございます。
本日は大変お忙しい中、株式会社メディアグローバルリンクス、2017年3月期第2四半期決算説明会にお越しいただき、誠にありがとうございます。
また、足元の悪い中お時間をいただきまして重ねて厚く御礼を申し上げます。ありがとうございます。

上半期連結業績ハイライト①(前年同期比)

メディアグローバルリンクス上半期連結業績ハイライト①(前年同期比)

それではこれより2017年3月期上半期決算報告を開始させていただきます。

業績の説明に先立ちまして、数値の記載についてお知らせいたします。決算端子と同様に100万円未満の数値は切り捨てで表記をしております。ご了承ください。それでは上半期の連結業績ハイライトでございます。
上半期売上高は前年同期比3.9%減収の20億2400万円でございました。海外向け映像伝送装置を中心に販売が堅調に推移しましたが、為替変動の影響で売上が目減りいたしました。
営業利益は、500万円減益のマイナス1億9000万円。8800万円の為替差損を計上により経常利益は7300万円減益のマイナス2億7900万円となりました。
また四半期純利益は8200万円減益のマイナス3億2000万円となりました。

上半期連結業績ハイライト②(業績予想比)

メディアグローバルリンクス上半期連結業績ハイライト②(業績予想比)

ここで参考までに5月に公表いたしました当初の計画との比較をご説明いたします。
米国における販売は底堅く売上はほぼ計画に沿って推移いたしました。比較的利益率の高い製品の比率が高かった製品の販売が堅調で売上総利益は改善いたしました。一方、販売管理費は計画比で1億9500万円減少いたしました。これにより営業利益・経常利益・四半期純利益とも期初予想に比べて改善をいたしております。

連結売上高

メディアグローバルリンクス連結売上高

上半期の連結売上高ですが、前年同期比マイナス3.9%、8300万円の減収の20億2400万円でした。対アメリカドル、対オーストラリアドルともに円高が進行して為替による影響で売上高の目減りが2億2000万円ありました。
この影響を除くとプラス6.5%、1億3700万円の増収でございました。
製品グループ別内訳では、ハードウェア製品が0.9%減の17億1400万円、その他が18.6%減の3億1000万円となりました。
海外売上比率は79.9%となりました。北米が牽引しております。またオーストラリアは需要一巡で、前年より減収となりました。

売上総利益率

メディアグローバルリンクス売上総利益率

売上総利益率ですが、比較的利益率の高い製品の比率が高かったことにより、前年同期比で1.7ポイント改善し、64.5%となりました。
主力製品であるMD8000シリーズの競争力が引き続き維持されております。

販売費及び一般管理費

メディアグローバルリンクス販売費及び一般管理費

販管費ですが継続的な経費削減を行ったこと、経費の一部がずれ込みにより前年同期比マイナス0.9%1400万円減少し、14億9500万円となりました。研究開発費は前年同期比マイナス2.6%の5億8500万円となりました。
なお、海外販管費の円高による減少は9700万円でございます。
9月末の人員数ですが、前年同期比15名増で109名となっております。

連結営業利益-経常利益-純利益

メディアグローバルリンクス連結営業利益-経常利益-純利益

続きまして、営業利益はほぼ前年並みのマイナス1億9000万円となりました。営業外費用とて為替が円高になり為替差損8800万円を計上したことにより、経常利益はマイナス2億7900万円になりました。
親会社株主に帰属する四半期純利益はマイナス3億2000万円となりました。なお、いずれも期初計画よりも損失額は減少してございます。
為替につきましては2012年以降、円安傾向であったため為替のヘッジについて十分な対応ができていませんでした。その結果、今年に入ってからの大きな為替変動によって為替差損が発生いたしました。
現在においては為替の管理体制を一新することといたしました。

キャッシュ・フロー

メディアグローバルリンクスキャッシュ・フロー

キャッシュ・フロー、現金同等物残高はご覧の通りでございます。

貸借対照表

メディアグローバルリンクス貸借対照表

貸借対照表についてご説明いたします。
資産の部ですが、現預金22億5800万円、売掛債権8億5300万円、棚卸資産7億7700万円、その他として8億1000万円の合計47億円となっております。
負債の部ですが、純資産31億7000万円、有利子負債8億9500万円、その他として6億3300万円となっております。

続きまして、2017年3月期通期業績見通しについてご説明申し上げます。

2017年3月期通期 連結業績予想

メディアグローバルリンクス2017年3月期通期 連結業績予想

上半期の実績及び先行きの見通しをふまえ、5月9日に公表いたしました、2017年3月期の通期業績予想を10月26日に修正をさせていただきました。
引き続き販売は堅調に推移すると想定しておりますが、為替水準が想定よりも円高となる見込みのため、通期では海外向けの売上高が目減りし、期初の予定には届かない予想となり、売上高については1億5000万円下方修正し、58億5000万円といたしました。
また利益面では、通期で情報利益の情報修正を行いましたが、経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益については前回予想を据え置くことといたしました。
なお、第3四半期以降の為替前提につきましては、アメリカドルを115円から105円に、オーストラリアドルは85円から78円に変更しております。

2017年3月期 通期売上見込み

メディアグローバルリンクス2017年3月期 通期売上見込み

通期の売上高の見通しですが、先ほど申し上げましたが、為替影響により当初の予想から1億5000万円下方修正し、58億5000万円を予想しております。
それぞれの地域ごとの見通しについてご説明いたします。
北米市場は大手通信業者からのMD8000シリーズの継続オーダーに加えて、アメリカ東部の大手通信事業社のRCNから新規受注を獲得することができました。
欧州市場は、現在新規顧客獲得に向け、欧州の大手通信事業社・放送局などに積極的な営業活動を展開しております。
国内市場でございますが、大手放送局の放送局内IPネットワークの構築案件が進行中でございます。
オーストラリア・アジア市場でございますが、オーストラリアは国内初期導入が一巡しており、現在スポーツイベントや追加オーダーの獲得を目指しております。またアジア新興国市場については、新規顧客獲得に向け積極的に営業活動を行っております。

2017年3月期 通期連結営業利益-当期純利益-見込

メディアグローバルリンクス2017年3月期 通期連結営業利益-当期純利益-見込

通期の利益の見通しについてご説明いたします。
映像伝送市場においての競争環境は厳しさを増しており、新製品の開発と市場展開を進めるために第3四半期以降も研究開発とマーケティング活動に積極的に取り組みます。
第2四半期までに執行が遅れた経費が、第3四半期以降に発生することが予想されております。
さらに第2四半期には為替差損8800万円を営業外費用に計上いたしました。
第2四半期においては期初見通しを上回る利益水準になり、通期で営業利益の情報修正を行いますが、経常利益・親会社株主に帰属する当期準利益については前回予想を据え置くことといたしました。

メディアグローバルリンクスの今後のビジネス展開についてご説明をいたします。

メディア市場の変化

メディアグローバルリンクスメディア市場の変化

まず、私たちの製品が利用されているメディア市場の現状についてご説明させていただきます。
メディアリンクスの製品はメディアの伝送に利用されております。メディアリンクスにとっては、放送局やメディアからの委託を受けて映像転送している大手通信業者が顧客となります。今、このメディア市場が大きく変化をしております。
以前はプレイヤーが決まっており、民放の広告モデル、番組の視聴のために課金をする課金モデル、NHK様やBBCさんのように義務化された受信料で成り立つ公共放送など、と各社のビジネスモデルが明確でございました。しかし最近では、アマゾンやネットフリックスなど新規参入が増えています。これによってこの市場の競争は一層激化をしております。同時にマルチデバイスへの配信や、公共放送のライセンス販売への進出などビジネスモデルが大きく変化をしております。

メディア市場のコンテンツ競争激化

メディアグローバルリンクスメディア市場のコンテンツ競争激化

メディア市場は新規参入やビジネスモデルの変化により競争が激化しております。逆に言いますと、競争激化するということは良質なコンテンツがあるメディアに視聴者が集まります。今一番注目されていて且つ競争に勝つためのキーコンテンツといえば、スポーツの生中継でございます。そこで各事業者はスポーツ生中継に力をいれており、激しいコンテンツ争いが繰り広げられています。実際に一昨日までに日本ハムとソフトバンクが戦っていたシェアは北海道においては50%を超え、九州エリアにおいても50%を超えたとそういうデータも出ております。
また日本でもJリーグの放映権が現在の7倍の10年間で2100億円で、イギリスのパホームグループと契約したと報道されていましたが、アメリカの野球・バスケットなどの放映権は軒並み倍以上に跳ね上がっております。
放映権が高騰しているということは、それだけ魅力的なコンテンツということでございます。映画や音楽は時間があるときに視聴しますが、スポーツだけは別で視聴者はライブを見ることを望んでおります。ニールセンの調査ですがアメリカのスポーツ番組の総放送時間は10年間で160%増加し、視聴時間は41%も増加しております。しかもスポーツ番組全体の95%はライブで視聴されております。このことから更に生中継の需要が拡大するということは、高画質の映像伝送市場が拡大するということでございます。
全世界で私たちのMD8000シリーズがここで活躍をしております。今回もおかげさまでリオデジャネイロオリンピックゲーム、それからパラリンピック、こちらについてもリオからニューヨークまで、あるいはリオから東京まで、あるいはリオからヨーロッパまで、こちらの映像伝送に弊社のMD8000が採用されております。
また、今回NHKさんの方で8Kをリオデジャネイロでライブビューイングを含めたサポートをされましたが、こちらの伝送についても弊社のMD8000が採用されております。

メディア(放送局)の環境の変化

メディアグローバルリンクスメディア(放送局)の環境の変化

最近ではスポーツ・生中継・テレビだけではなく、スマホでも視聴したいという需要が拡大しています。米国でのスマホでのスポーツサイトの閲覧時間は、120万時間を超えているなど需要は伸び続けています。また、テレビでスポーツ生中継を見る場合、高画質で見たいというニーズは高く、4Kテレビの購入者も増えてきています。また8Kテレビの開発もすでに始まっております。
一方でメディア側は視聴者のニーズに対応するため4K・8Kといった高画質対応の他、スマホ・タブレット・パソコン・テレビといったマルチスクリーン対応での番組提供が求められており、番組制作の効率化が迫られております。
メディアリンクスではIPですべてスポーツ会場・放送局・編集スタジオをシームレスに繋ぐことで、従来の枠組みを超えた新たなコンテンツ制作・配信の仕組みを生み出すというStudio Without Limitsを提唱しており、これに沿って放送局内のビデオルーターシステムなどのソリューションをご提供・プロポーズをしております。こちらは現在日本国内で展開していますが、国内で実績を作り海外顧客に提案していく予定となっております。

研究開発動向と新製品

メディアグローバルリンクス研究開発動向と新製品

昨年度はビジネスモデルの変化を見極めようと、全体的に需要は落ち込む厳しい年でございました。今年に入り、メディア各社のビジネスモデルが徐々に明確になり、技術に対する関心が非常に高まってきております。
一方、今まで動きが鈍かった強豪・大手メーカーもIP化に舵を切り始めており、競争は激化しております。来期以降はさらに競争が激化することが予想されます。当社では今後も競争優位を確保し、将来の利益を確保するため研究開発に注意をおこしてまいります。
映像伝送製品においては製品競争力が高いMD8000シリーズの機能強化を進めております。また、メトロ市場・新規市場に向けた製品も開発中でございます。
また、先ほどご説明いたしましたStudio Without Limits関連においても映像伝送のコア技術だけでなく、ワークフロー全体に対応した製品ラインナップの拡充を進めております。
最後になりますが、放送通信機器を中心に世界最先端の技術が披露される展示会インタービーというものが11月の中旬に幕張メッセで開催されます。当社はIPビデオルーターシステムの展示を行うだけではなく、中京テレビ様やNHK様に納入事例のご紹介を同時にさせていただく予定でございます。
まさに市場が拡大している今は事業拡大の絶好のチャンスであり、新製品は今年度末から来年度にかけて市場に投入してまいります。そのために引き続き積極的投資を行い、売上拡大・利益拡大を目指してまいります。
今後とも皆様のご理解・ご支援をお願い申し上げます。

メディアグローバルリンクス

お忙しい中最後までお付き合いいただきまして、誠にありがとうございます。以上でご説明を終わらせていただきます。ありがとうございました。

株式会社メディアグローバルリンクスのIRはこちら
http://www.net-presentations.com/6659/20161101/flashplayer.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です