【株式会社LIXILグループ】2017年3月期 第2四半期決算説明会

こんにちはよろしくお願いします。
それでは2017年3月期第2四半期決算の概要をご説明いたします。

/第2四半期(上期)業績結果(1)

/LIXILグループ第2四半期(上期)業績結果(1)

まず売上高ですけれどもこれは8%の減収となっておりますがこのほとんどが為替とですね、それから前年度までに売却していた企業との影響でほとんど説明できます。それプラスLBTがやや海外事業がですね、近年選別受注してきた関係で遅れておりますけれども前年並みの売り上げと考えていいと思います。事業利益はですね、398億円これは前年度の同時期と同じ数字ですけれども、中身的には良くなったんじゃないかという風に考えております。LHTでは昨年度ECOポイントの部分があったのが今年その部分剥落しているのに対して、一方でもともと今年始まった時点ではタンクレストイレのことをちょっと心配していたんですけども、その部分を十分に補うことができるLWT全体として特に海外大きな増益を得る事ができました。一方マーケティング費用がですねタンクレストイレ関係でマーケティング費用そのものを使う時期がちょっと遅れたということでそれが後半に入ったというところで、ちょっと、少しだけですけど下期の方にコストがいってしまったというところがありますけれども上出来だったと思います。営業利益も当期利益の増収も増益もですね、ほとんどがジョウユウの一時費用とかですね、そう言ったものがなくなったという事が大きいと思います。また当期利益に関してはジョウユウの一過性の損失、信用供与での損失加えて為替差損益の好転も入っております。この上記の実績をそのまま増えた分がほぼそのまま通期での実績と考えておりますけれども、ただ下期に関しては先ほどちょっと話した通り上期に使う予定だったでマーケティング費用がずれてしまった事とか考えておりまして、23億円程下期としては下方修正しております。今まで以上にですね、シンプルな組織を作っていくこと、これを継続実行していくことが重要だという風に考えております。また今回非常に自身が持てましたのはLWT、LKTといったですね、自半ゾーンでやったビジネスに関して、さらに強い確信をもてて伸ばすことができたという事で、LHTに関してもですね、これまで以上にハンズオンでやっていくことで全体の意の事業をよくしていくことができるんじゃないかなというふうに考えております。

第2四半期(上期)業績結果(2)

LIXILグループ第2四半期(上期)業績結果(2)

売上に関しては先ほどに申し上げました通りですね、見ていただけた通り、事業売却した部分と為替の影響が非常に大きくて、実質の減少の部分はほぼLBTというふうに考えていいと思います。LBTに関しては厳しい見方もできるんですけれども、やっぱり今年という1年間をとってみると去年からですけれどもコモディティーの価格が落ちて、新興国の景気が非常に不安定になってブレグジット、アメリカ大統領選とですね、非常に不確定要素がある中で、我々としてはリスクの管理に力を注ぎました。したがって受注に関してもある程度のキャッシュフローが確実なとれる事業をとっていくという結果、結果的にはですね、もともとこの時期非常にプロジェクト数が減ったという事もあってですね売り上げは下がっておりますけれども、ある程度はコントロールした結果かなという風にそこは割り切っております。一方で事業利益に関してはLWTが好調にPMIが進みですね、今ほとんどキャパシティーが足りなくなる位の売り上げの伸び方になっております。一方ですね、国内の方は為替の好影響もあって、粗利率益が改善しておりますけれども、マーケティングの費用等などを増やした結果、減益という風になっております。ただ、新商品が今回タンクレストイレ等の関係で、発売が遅れたといった所の影響は、最初に当初発表していたより、いい数字になったんじゃないかなと考えております。

第2四半期(上期)連結業績結果

LIXILグループ第2四半期(上期)連結業績結果

すべての利益率が良くなっておりますが、この中でですね、売り上げ総利益率に関しては、やはり先ほど申し上げあげました為替の部分がベネフィットに与えていること、それからLWT全体としてビジネスが良くなってきているって事が大きな影響を与えています。営業利益に関しては、先ほどお話した通り、前年同期、授与の関連で、法務費用等の対応費用が非常にかかったという事、それから当期利益に関しては、その際の、譲与の際の債務保証、それから為替損益そういった一時的なものがなくなったんで大幅に増益といった形になっております。

2017年3月期-通期業績予想(10月19日発表)

通期もそれをそのまま反映している形になっておりますが、通期に関しては、先ほど申し上げました通り、上期のマーケティング費用が一部下期に来ていること、それから下期に関しては多少保守的な見方をしております。国内の需要が新築も足元、我々の観測として、新築リフォームも含めて今一つかなとみてますんで、そこのスローダウンは保守的に見ました。為替も今、ほぼ現在のレートに近い所に考えております。

資産効率強化と規律ある資本配分

LIXILグループ資産効率強化と規律ある資本配分

資産に関してはですね、先ほど申し上げました為替の影響が大きくて円建てベースでは圧縮された形になっております。その分だけですね、実際の有利子負債の方も多少圧縮されておりますので、レートとしてあまり変わらないけれども健全な方向に進んでいるのではないかと考えております。

株主還元

LIXILグループ株主還元

配当に関しては、昨今色んなことがありましたけれども、安定して出すという事を一つの方針にしておりますので今回も30円という形で考えております。

GROHEグループの完全子会社化-社債発行

LIXILグループGROHEグループの完全子会社化-社債発行

GROHEグループの完全子会社化を今回完了いたしました。これは大きく3つの目的があります。その中で一番大きな目的はガバナンスの改善です。これは我々過去の痛い経験を含めまして、やはり海外の子会社化をきっちりとしたガバナンスで見ていくという意味では、完全子会社化するのは重要と考えてます。そして同様にですね重要な理由としては、完全子会社化することで、PMIのスピードが非常に変えられると、やはりPMIをするためには完全にコントロールする必要があるという事で、この2つが大きな理由になっています。そして3つ目に金融費用をですね、大幅に削減することができたら、もうベネフィットになっております。

組織の見直し

LIXILグループ組織の見直し

組織の見直しとしては一番大きいのは、やはりレイアーを少なくしていくことと、しばらくの間は自ら出来るだけ半ゾーンで大くのビジネスを見れるようにしたいう風にと考えております。その中でまずタイル事業をLHTからLWTへ移しました。タイル事業に関しては、そもそも水回りとしての本来の性格が大きいこと、それから日本では外装のタイルが多いのに対して、海外では内装のタイルの方が需要の中心です。タイルの事業は非常に需要が減ってきていますけれど、海外並みに内装を増やしていくってことは、これからもエコカラットとかですね、を中心に増やしていけるだろうという事で、これをLWTにする事でシナジーがより大きくなると考えております。それからキッチンに関しても事業をLWTの方に移さしていただきました。キッチンも直接見ることでビジネスの改善が直接図れるようになっております。それらLWTのアジアとLHTのアジアですけれども、LHTのアジアはというかLHTの海外事業はほぼアジアのみとなっております。その中で大きな部分はキャプティブマーケットであるタイの工場とベトナムの工場ですので非常に限られたオペレーションを行っているので、これはもう統一して同じ地域で見たほうがいいという事で、LWTとLHTアジアを一つにしました。

株主様とCEOの価値共有

LIXILグループ株主様とCEOの価値共有

それからですね6月にですね、株主さんとやはり同じ目線でいるべきであると。長期的なこの会社の繁栄を株主と一緒に見ようという事で、基本方針のすべてを株式にすることを報酬委員会に提案いたしました。報酬委員会に提案した時点でいくつかの方法があったんですけれども、一番簡単でやりやすい方法という事で、まず基本報酬の相当額を2億円部分を第3者割当で購入いたしました。その日の時価で購入させていただきました。その後、その2億円部分を毎月の給与で現金で支給してもらうという事で、いわば先払いして買わさせて頂きました。税金もありますんで、実際は年間分より多く買ったという事になっていると思います。

キャッシュマネジメントシステム構築と余剰資金効率化

LIXILグループキャッシュマネジメントシステム構築と余剰資金効率化
キャッシュマネジメントシステムとしては、リスクの管理ということで、キャッシュマネジメントシステム***センター(10:54)をそれぞれの地域にたてておりますが、これは日本、中国、アジアにたてており***(11:00)すべて完了しまして米国は来月完了、運用開始します。欧州に関しても来年運用を開始する予定です。

LIXIL-Water-Technology(LWT)

LIXILグループLIXIL-Water-Technology(LWT)

テクノロジー部門別の決済としては
LWTお話しした通り非常に良かったと思います。アメリカの場合ですね、非常に住宅着工も堅調だという事もあって、アメリカンスタンダードが7%成長することができました。それからですね、ヨーロッパに関してもヨーロッパブレグジットもあり一般的な景気としては良くないんですけれども、5%成長することができました。ヨーロッパに関しては、一番大きかったのは、従来ずっと悪かった南ヨーロッパに対してマーケティング攻勢をかけて反転して、成長が今期から成長ができるようになったというのが非常に大きな要因となっております。それから中東アフリカ地域に関しては、中近東はさすがに地域として、今非常に不安定さが進んでいますんで、かつてほどの成長ができなくなっておりますが、唯一の赤字事業であったアフリカのGROHEDAWN事業が8月に黒字に転換しております。これでLWTに関しては、口を出している事業は一つもなくなるといった状況になっております。アジアに関しては、中国を中心に需要は急速に伸びております。日本でもですね、サティスの件があったにもかかわらず、売り上げとしては非常に難しい状況でありながらなんとか増やすことができたというのは、LWTにとっては非常に大きなゲインだと思っております。ここまでよくなるというのはもしかしたら、皆さんの予想とこになかったかもしれませんけれども、実は衛生陶器に関して、もはや量が足りないような段階になってきております。アジアではですね、ベトナム7工場の内の遊休であった2工場の再開を決めまして、先月から1工場動かしもう1工場は来年1月に動かす予定です。その他にもタイの工場、中国の工場、それからメキシコの工場も設備を増強して供給を増やさないと追いつかないという状況になっております。今までですと、日本向けもですね、中国ベトナムからの供給が多かったんですが、これも足りなくなってきましたんで、日本も増産して、日本向けは日本でやっていかないといけないというぐらい、今は急速に衛生陶器に関しては売上が伸びております。

LIXIL-Housing-Technology(LHT)

LIXILグループLIXIL-Housing-Technology(LHT)

一方ハウジングの方はですね前年同期のECOポイントがあって前年同期良かったもの物がなくなったものですから、減収しております。またハイビックも売った事もあってですね、売り上げ予想としても下がっておりますけれども、後半マーケティングを中心にリフォームのビジネス、それから今の**(14:24)に対する対応等考えて後半盛り返していくことを計画しております。ただ、LHTに関しては正直いって今までLWT程直接見れてこれなかった部分をもっと直接見るといった形に変える事でビジネスを大きくいい方向に変えなくちゃいけないといった課題を持っていると思っています。

LIXIL-Building-Technology(LBT)

LIXILグループLIXIL-Building-Technology(LBT)

一方ビルディングの方はですね上海めいていという事業を売却した関係とそれと事業そのものがですね選別受注させていただいています。これは非常にリスクが高い時期なっているので、無理なビジネスは追いに行かない。それからもう一つは、色んなONGoingだった事業が今難しい国では止まっている事業もあります。そういった事業に関しては工事進捗基準での売上が計上できないので下がっている部分もあります。ただこうしたものもどうやら動き出すような気配を見せておりまして10月以降急速に動き出してますんで10月以降は回復していけるかなと思っております。ただ我々として、LBT今のように難しい時期特に景気が不安定、それから世界の経済情勢が不安定な時には、選別受注してリスクの少ない事業をして管理をしておくって事が一番重要な風に考えております。

LIXIL-Kitchen-Technoogy(LKT)

LIXILグループLIXIL-Kitchen-Technoogy(LKT)

キッチンのビジネスはご存じの方も多いと思いますけど、そもそも世界的にもあまり利益の出ないあまり儲からない事業という事になっておりますが、ようやくリシェル等の中高級品に注力してきた効果が表れて日本も良くなり、また中国の方も長年苦しんできたのがようやくビジネスとしていい方向に、これも中級品から上を中心にですねマーケティングを集中した結果としていい方向に向かっております。こちらはですね今回そのリシェルを増やすためのかなり集中的なマーケティングしたのにもかかわらず良くなってきております。今後も中高級品」を中心に差別化できる商品を作っていくことでキッチンも儲かるビジネスにしていきたいというふうに考えております。

D&R-and-H&S

LIXILグループD&R-and-H&S

一方流通の方ですけれども今回ちょっと九月にですね台風が続いた関係でビバに関していつもほどの強く、いつもほどよくはありませんでしたが、競合他社に比べれば十分よい結果だったかと思っております。H&Sに関しても中心となる住宅事業がですね堅調に進みまして、まぁまぁ良い結果であったのではないかなというふうに考えております。H&S事業の中にはJIO、ジャパンホームシールドのようにですね今後考えられるうちのインスペクションといった将来の需要にこたえる事業があって楽しみだというふうに考えております

以上でこの6か月の成績内容をご説明させていただきました。

株式会社LIXILグループのIRはこちら
http://www.net-presentations.com/5938/20161107/flashplayer.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です