【株式会社フルスピード】平成28年4月期 第3四半期決算説明

【株式会社フルスピード】平成28年4月期-第3四半期決算説明

フルスピード代表取締役社長の友松でございます。
2016年4月期第三四半期の決算説明をさせていただきます。

事業ドメイン

フルスピード事業ドメイン

まず最初に事業コンセプトになりますけれども、弊社は現在、アドテクノロジー事業、インターネットマーケティング事業、訪日インバウンド事業、この3つの事業を柱に事業運営をしております。

経営戦略

フルスピード経営戦略

経営戦略といたしましては、こちらにございますとおり、”AdTechnology&Marketing Company”として、テクノロジーを創るという機能と販売するという機能の両軸で攻めることによって、ハイブリッド型ネット広告代理店という、国内唯一の会社を目指しております。

中長期の事業方針

フルスピード中長期の事業方針

中長期といたしましては、この3つの事業を軸に、国内のみならず、アジア圏への展開というのも視野に入れた事業展開をしている会社でございます。

エグゼクティブ・サマリー

フルスピードエグゼクティブ・サマリー

それでは、決算エグゼクティブ・サマリーよりご説明させていただきます。
まず、第三四半期売上高についてですが、前年比26%増の109億5,800万円、営業利益につきましては、前年比約倍増の6億8,700万円となっております。

FY2016通期予想進捗状況

フルスピードFY2016通期予想進捗状況

計画の進捗になりますが、売上高、営業利益ともに85%ということで、順調に進捗しております。

売上高の増減分析(対前年同期)

フルスピード売上高の増減分析(対前年同期)

繰り返しになりますけれども、売上高につきましては、前年比26%増ということで、109億、

営業利益の増減分析(対前年同期)

フルスピード営業利益の増減分析(対前年同期)

続いて、営業利益につきましても、前年比約倍増の6億8,700万円という形になっております。

アドテクノロジー事業売上の推移

フルスピードアドテクノロジー事業売上の推移

続いて、アドテクノロジー事業売上の推移についてご説明申し上げます。
アドテクノロジー事業は、前年同期比47.2%となっておりまして、アフィリエイトサービスのASP、DSP事業の本格展開により、大幅増となっております。

インターネットマーケティング事業売上の推移

フルスピードインターネットマーケティング事業売上の推移

インターネットマーケティング事業の売上推移についてですが、こちらも構造改革を終えまして、前年比10%増ということで、成長フェーズへ順調に進捗しております。

アドテクノロジー事業のバーティカル戦略

フルスピードアドテクノロジー事業のバーティカル戦略

それでは、ビジネスの概況についてご説明申し上げます。
まず、アドテクノロジー事業についなんですけれども
独自開発のアドテクノロジーによる垂直レイヤーの展開というのを実行しておりまして、来月になりますけれども、自社開発の動画のネットワークをリリースさせていただく予定をしております。

アドテクノロジーの独自展開

フルスピードアドテクノロジーの独自展開

それによって、広告主に近いDMP、またDSPのところから、メディアに近いアドネットワークSSPといった領域まで、トータルに事業支援することが可能となって参ります。

【注力】AdMatrix-DSP

フルスピード【注力】AdMatrix-DSP

注力しているAdMatrix DSPについてですが、配信面の拡大ということで、各種SSPとの提携による配信面の在庫拡大、独自ネイティブADとございますが、動画とかネイティブADの広告フォーマットに適応することによって、より幅広いお客様のニーズに対応できるようなサービスという形になってきております。

AdMatrix-DSP売上高

フルスピードAdMatrix-DSP売上高

それによって、売上高についても順調にこういった形で推移をしております。

TOPICSスマートフォン向け動画アドネットワーク

フルスピードTOPICSスマートフォン向け動画アドネットワーク

TOPICSといたしまして、先ほども少しお伝えしましたけれども、来月4月に弊社のアドテク技術と新フォーマットを投入した、新しい動画アドネットワークをリリースする予定をしております。

訪日インバウンド事業の進捗

フルスピード訪日インバウンド事業の進捗

続きまして、訪日インバウンド事業の進捗について、ご説明申し上げます。
訪日インバウンド事業はですね、現在は、中国から日本にいらっしゃる中国の観光客の方向けの事業に注力をしている状況でございます。

訪日中国人観光客数推移

フルスピード訪日中国人観光客数推移

中国から日本への観光客の方は、まだまだ増加しておりまして、前年で約500万人の観光客の方がいらっしゃっているというような、成長市場でございます。

訪日観光客向け専用アプリ「GoJapan(去日本)」

フルスピード訪日観光客向け専用アプリ「GoJapan(去日本)」

フルスピードでは、関連会社で「GoJapan(去日本)」という中国の観光客の方向けの専門のアプリを展開しておりまして、現在ユーザー数が30万人ということで、”日本”旅行向けのアプリとしては、中国でNo.1の地位となっております。

TOPICS「GoJapan(去日本」事業展開

フルスピードTOPICS「GoJapan(去日本」事業展開

そういったアプリを今月弊社としては、こういった新しいO2Oソリューションプランということで、国内の訪日観光客の方向けに広告を発信したいようなお客様向けのサービスというのを開始しております。

インターネットマーケティング事業

フルスピードインターネットマーケティング事業

続きまして、インターネットマーケティング事業の進捗について、ご説明申し上げます。
インターネットマーケティング事業では、顧客志向を重視したコンサルティング展開というのをしておりまして、改めて顧客目線のコンサルティング力の強化というのを主軸として、事業展開をしております。

ソーシャルメディア関連実績

フルスピードソーシャルメディア関連実績

トピックスといたしましては、成長領域であるソーシャルメディア関連の売上高が急速に拡大しておりまして、順調に売上げを伸ばしてきております。

FY2016.3Q決算サマリー

フルスピードFY2016.3Q決算サマリー

では、改めまして、2016年度第三四半期の決算の状況について、ご説明申し上げます。
売上高につきましては、109億5,800万円、営業利益につきましては、6億8,700万円ということで、売上高、営業利益ともに、順調に推移しております。

FY2016.3Q営業利益の推移

フルスピードFY2016.3Q営業利益の推移

四半期ベースの数字につきましても、第三四半期も約100%増ということで、順調に推移をしております。

バランスシート状況

フルスピードバランスシート状況

続いて、BSの状況になりますけれども、安定的な純利益の積上げによりまして、自己資本比率は42%まで回復をしております。
以上で、2016年4月期第三四半期の決算ご説明を終了させていただきます。

株式会社フルスピードのIRはこちら
http://www.net-presentations.com/2159/20160311/flashplayer.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です