【弁護士ドットコム株式会社】2017年3月期 第2四半期決算説明会

【弁護士ドットコム株式会社】2017年3月期 第2四半期決算説明会

みなさんこんにちは。弁護士ドットコム社長の元榮でございます。今日はお忙しい中、当社の説明会に足を運んでくださいましてありがとうございます。それでは早速でありますが、2017年3月期第2四半期決算説明会を進めさせていただきます。

2017年3月期第2四半期ハイライト

弁護士ドットコム2017年3月期第2四半期ハイライト

まず、決算概要でございます。
第2四半期でありますが、業績はご覧の通りであります。売り上げに関しましては前年同期比1.5倍の7億5,200万円。営業利益、そして経常利益ともに前期比1.5倍の1億7,900万円。そして、純利益については前期比1.4倍の1億1,400万円となっております。トピックスについてはこちらでございまして、売上高各利益ともに大幅に増加をしております。そして、月間サイト訪問者数が過去最高の970万人を突破しております。また、クラウド契約サービス「クラウドサイン」の導入企業数が増えておりまして、3,400社を突破しており、今日現在ですと今3,800社。このような形で月次でぐんぐん伸びております。そして、弁護士事務所向け、税理士事務所向け、業務支援サービス「弁護士ドットコムPro」「税理士ドットコムPro」をリリースしております。さらに、IBM Watson日本語版を活用した企業法務サービス「コグニティブ法務案件FAQ」の開発に現在着手をしている、このような状況であります。

2017年3月期第2四半期業績概要

弁護士ドットコム2017年3月期第2四半期業績概要

業績概要については、売上高、各利益において前年同期比大幅の増収増益を達成しておりまして、数字についてはご覧のとおりであります。

2017年3月期通期予想に対する進捗

弁護士ドットコム2017年3月期通期予想に対する進捗

通期予想に対する進捗ですが、こちらも通期予想に向けての達成に向けて順調に進捗しております。ご覧のとおりであります。

弁護士ドットコム売上高の四半期推移

弁護士ドットコム売上高の四半期推移

売上高の四半期推移になりますが、弁護士マーケティング支援サービスを中心に順調に拡大をしておりまして、3億9,300万円という四半期の売上になっております。

販売費及び一般管理費の四半期推移

弁護士ドットコム販売費及び一般管理費の四半期推移

販管費の四半期推移についても継続的な人材採用によりまして、人件費も増加しております。その他の費用は、ほぼ横ばいとなっており四半期で2億5,000万という数字になっております。

営業利益の四半期推移

弁護士ドットコム営業利益の四半期推移

営業利益の四半期推移でありますが、費用の期ずれもありまして、営業利益および営業利益率は想定を上回り推移しておりまして、過去最高の営業利益1億100万円を達成、記録しております。利益率については25.9%となっております。

貸借対照表

弁護士ドットコム貸借対照表

貸借対照表についてはご覧のとおりであります。

月間サイト訪問者数の推移

弁護士ドットコム月間サイト訪問者数の推移

続いて、サービスの状況です。
月間サイト訪問者数ですけれども、「弁護士ドットコムニュース」の好調を背景に順調に推移しておりまして、2016年の8月には過去最高の970万人を突破しております。順調に増えております。

有料会員について

弁護士ドットコム有料会員について

有料会員なんですが、累計法律相談件数および有料会員数も増加しております。累計法律相談件数は48万件になっております。そして、また一般ユーザーの課金、有料会員数についてはご覧のとおりであります。8万8,091人の有料会員数となっております。

会員登録弁護士について

弁護士ドットコム会員登録弁護士について

会員登録弁護士についてです。会員登録弁護士数および有料会員弁護士数につきましても順調に増加をしております。会員登録弁護士数は現在1万1,706人ということになっております。そしてまた、有料会員登録弁護士数の推移でありますが、2,741人ということになっておりまして、こちらも順調に推移しております。

クラウドサインの概要

弁護士ドットコムクラウドサインの概要

「クラウドサイン」については冒頭でもお話しましたとおり、今力を入れているサービスでありますが、2015年10月にリリースしたサービスです。無料で利用可能な日本初のウェブ完結型クラウドサービスとして今どんどん普及しております。メリットについてはご覧のとおりでして、なんといっても契約締結作業が劇的にスピードアップします。皆さんの中ではご利用経験もあるかもしれない、あのNDA、秘密保持契約書。秘密を守りますという一つの条項だけなのにも関わらず、締結まで一週間かかるのは当たり前。色々煩雑です。このクラウドサインを使いますと、ドラフトが確定していれば、ものの数分で締結まで持っていけます。このようなスピードアップ、メリットの一つ。そしてまた、コスト削減。郵便代、紙代、インク代、そして印紙代。こういったものはですね、大量反復継続するような契約累計であればあるほど会社のコストをボディーブローのようにダメージを与えます。これらのコスト削減が期待できます。さらには、クラウドで管理することができますので、うっかり自動更新なんかも防ぐことができたり、気になる契約条項をすぐに検索できる、こういうような中でコンプライアンス強化も期待されています。こういうようなメリットがありますので、色々な導入シーンがありまして、秘密保持契約書、業務委託契約書など企業間の契約書類。さらには、見積、発注、請書、納品書、検収、請求書、入社書類。色々な側面で活用が期待されています。利用料金に関しては、当初から若干の変更をしております。フリーのプランについては、当初はですね、月間締結件数30件までをフリーとしていたのですが、月間締結件数10件までを無料とする。そのようなフリープランとなりました。それに伴いまして、10件を超える契約締結件数のご利用ユーザーさんはスタンダードプラン、月額1万円、そして1通当たりの料金が50円というような料金になっております。それにしても安いということで有料の導入社数も順調に伸びてきております。

クラウドサインのトピックス

弁護士ドットコムクラウドサインのトピックス

「クラウドサイン」のトピックスについては日々進化させていただいております。まず一つ目は、スマートフォンに対応させていただきました。やっぱりですね、アルバイトさん、パートさんを沢山抱えるような会社さんですとこの従業員さんとの雇用契約がとてつもない煩雑な作業となります。こういったものをクラウドサインで解決したいというようなご要望もいただいておったんですが、大体個人の方はパソコンを持っていない方も多くいらっしゃいます。スマートフォンに対応することで、こういうような雇用契約のような累計をもカバーすることができる。そういうことを期待しまして、これは2016年の8月リリースをしております。また、二つ目ですが導入企業数は3,400社ということで突破しております。現在は3,800社ということなっております。クレディセゾンさんやインテリジェンスさんなどの大企業から、あとはスタートアップ、社会保障、雇用保険の手続きを自動化する「SmartHR」こういったサービスを提供する株式会社KUFUさんなんかのような急成長ベンチャー企業も導入しておりまして、まさに裾野の広いサービスですね。大企業からスタートアップまで導入いただけるような形で進んでおります。累計締結契約件数についても3万件を突破しております。もうすでにクラウドサインのサービスを通じて3万件の契約が締結されており今日現在ですと3.5万件の契約が締結されているということになります。

専門家向け業務支援サービスをリリース

弁護士ドットコム専門家向け業務支援サービスをリリース

このような形で、専門家向け業務支援サービスをさらにリリースしております。これは7月27日になりますが、「弁護士ドットコムPro」「税理士ドットコムPro」をリリースしています。今まではマーケティングの支援を取り組んできたんですが、さらに業務支援、経営支援、こんなところまでお手伝いして、付加価値を提供していこうというのが私ども弁護士ドットコム株式会社の考え方です。こちらについても色々とコンテンツの調整も図りながら導入を進めているところであります。

各サービスの位置付け

弁護士ドットコム各サービスの位置付け

各サービスの位置づけについてはご覧のとおりです。複数事業へのポートフォリオ化を目的として新規サービスを開発、育成中であります。新規サービスのところにいろいろありますね。大企業向けは「BUSINESS LAWYERS」。専門家向けの業務の支援のところ「弁護士ドットコムPro」「税理士ドットコムPro」。そして、企業向けの業務支援として「クラウドサイン」。横断的に「弁護士ドットコムキャリア」という人材事業がありますというところです。

リーガルテックラボの取り組み

弁護士ドットコムリーガルテックラボの取り組み

そして私たちは、今年はリーガルテックというこのキーワードをしっかりと世の中に広めていきたいと思いで、今期を取り組んでおります。フィンテックに続くテクノロジーイノベーション、リーガルテック。こちらを推進する部署として「リーガルテックラボ」というものを設置し、そして取り組んでおります。「コグニティブ法務案件FAQ」の開発に着手しております。これはもう企業の法務担当者がこのAI技術を活用して、よくある色々な法務の悩みについてサービスを提供する。その法務の情報を提供しようというようなものなどで構成されます。契約書のチェックなんかもこちらでできるような、そんなサービスのイメージをしております。IBM Watsonを活用して、こちら今開発中でありますので、また然るべきタイミングで皆様に色々と発表できればなというふうに思っております。さらに「SoftBank World Challenge 2016」にて最優秀賞を受賞させていただきました。こちらはIBMのWatsonの全国大会みたいなものですね。150社前後の会社がエントリーをいたしまして、地区大会といいますか、ピッチイベントをやって、その入賞した企業がさらに、競い合うというような二段階のイベントだったんですけど、その二段階のイベントを通じて弁護士ドットコムが優勝させていただきました。これは「みんなの法律相談」の無料のQ&A、弁護士に無料でネット相談ができる、こういうようなサービスにAIを導入して、より利便性を高めると、こういうようなものですが先日うちのそのチームが優秀賞の副賞としてラスベガスのIBM Watson、SoftBank World Challengeの世界大会に参加してきました。別にこれはそこでピッチイベントをするというものではないんですけど、世界的にこのWatsonがどのように活用されているのかということに対する、最先端のそういうような情報に触れてきましたのでこのリーガルテックラボにとってもまたいろいろな経験機会となったそんな旅でありました。はい。以上、今回の説明会におけるご紹介の資料となります。ありがとうございました。

弁護士ドットコム株式会社のIRはこちら
http://www.net-presentations.com/6027/20161031/flashplayer.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です