【株式会社リクルートホールディングス】2016年3月期 第1四半期 決算説明会

リクルートホールディングス2016年3月期第1四半期決算説明会

本日はお忙しいところ、お集まりいただきまして大変ありがとうございます。
リクルートホールディングスの佐川でございます。よろしくお願いいたします。
さっそく第1四半期の決算についてご説明いたします。

連結の業績サマリ

リクルートホールディングス1-(1)連結業績サマリ

こちらは連結業績のサマリでございます。
第1四半期でございますが、こちらにもあります通り、主要3事業セグメントすべてが増収・増益ということでございまして、大変好調に推移いたしました結果、売上高は12.5%増、前年に対して12.5%増の3,441億、EBITDAは、4.7%増の497億となりました。
この第1四半期の実績でございますが、社内の私どもの計画に対しても強含みで進捗しておりまして通期の見通しに対しても大変順調なスタートを切れたというふうに認識しております。また、営業利益でございますが、こちらにつきましては減価償却費、あるいはのれんの償却額、こういったものが増加しておりまして前年同時期費4.7%減の301億となりました。
一方、特別利益といたしまして71億計上しておりますが、こちらにつきましては主にM&Aにともないます、段階取得にかかわる差益でございます。背景的な利益でございますが、こちらを計上したというところと、一部投資有価証券の売却益の計上を行いまして、71億の特別利益を計上しております。
結果、四半期の純利益でございますが、前年同期比19.5%増の222億となっております。こちらの特別利益につきましては、おおむね期初公表した段階で通期の見通しには織り込み済みの内容というふうなところでございます。

既存事業における連結業績

リクルートホールディングス既存事業における連結業績

少し参考的にお示ししておりますが、既存事業M&Aで新たに連結に加わった、第1四半期連結に加わった会社QuandooとPeoplebankがございますが、こちらを除いた、いわゆるオーガニックでどうだったのかということをお示ししております。
売上高は3,344億ということで9.4%の増、EBITDAも502億ということで5.7%増ということで、こちらも順調に進捗した次第でございます。
なお、下の方に示しておりますがM&Aによりまして子会社化した各社のPLの連結の時期でございます。こちら記載の通りになっておりまして、この中で一番大きな売上となります、Chandler社、オーストラリアの派遣会社でございますが、こちらの業績の寄与につきましては第2四半期からの予定となっております。

セグメント別売上高/EBITDA

リクルートホールディングス1-(Ⅱ)セグメント別売上高EBITDA

セグメント別の実績はご覧のとおりになっておりますが、この中で調整額のところですね、調整額のEBITDAのマイナスというところが拡大しております。
これは主に会計基準の変更に伴いまして、M&Aに関わるアドバイザリーのフィー、こちらが昨年度までは取得原価に入って資産に計上というところでございましたが、今年度から会計基準が変更になりまして、費用に一括計上ということでございますので、その部分があったということと、加えてセキュリティ含めましてIT戦略の推進というものを期初から強化しております。この部分というところで調整額のマイナス幅、EBITDAのマイナス幅が拡大したと、こういうことでございます。
この費用の増加というものがございましたが、各事業セグメントが大変好調に推移したということで、EBITDAは計画に対して強含みで推移しておりますし、期初から、第1四半期から前年同時期比で増益となった次第であります。

販促メディア事業の業績売上高/EBITDA

リクルートホールディングス2-(Ⅰ)販促メディア事業の業績売上高EBITDA

それでは主要セグメントの詳細につきましてご説明させていただきます。
まずは販促メディアセグメントであります。売上高5.8%増の818億、EBITDAは2.3%増の238億となっております。前期の通期、前年度の通期でいきますと、ほぼ横ばいで推移いたしましたライフイベント領域、こちらが2.1%の増収、そして、日常消費領域につきましては9.5%の増収ということで、引き続き大変好調に推移しているということであります。
なお、第1四半期から、さきほどもお話ししましたとおりQuandoo社のPLの連結を開始しております。M&Aの発表のときにもお話ししましたが、このQuandoo社、スタートアップの企業ということと、現状でいいますと予約可能な店舗数というものの拡大を強化しているというところでございまして、今期のEBITDAはマイナスを予定しているというところでございまして、それを一旦販促メディアから除くとすれば既存事業の伸び率でいくともっと高い水準になるというところであります。

販促メディア事業の業績ライフイベント

リクルートホールディングス2-(Ⅰ)販促メディア事業の業績ライフイベント

少し売上の内訳についてご説明いたします。
まず販促メディアの中のライフイベントの領域でございますが、住宅分野につきましては昨年度、通期でいきますとマイナスの3%の減収でありましたが、この第1四半期につきましては6.1%の増収となっております。依然として、新築のマンションの供給戸数、これは低い水準にあるというところでございまして、その影響もあってだいぶ改善の度合いはすすんでまいりましたが、まだまだマンション分野の売上については低調に推移しているというところでありましたが、戸建流通、そして賃貸というところが、引き続き好調に推移致しました結果、全体では住宅が6.1%の増収となった次第であります。
結婚分野の売上でございますが、こちらはほぼ昨年度と横ばいということで推移いたしております。

販促メディア事業の業績日常消費

リクルートホールディングス2-(Ⅰ)販促メディア事業の業績日常消費

日常消費領域でございます。こちら、旅行分野でございますが、前期に続きまして、まず
宿泊施設の稼働率の上昇というところを背景に宿泊単価、こちらが上がっているということ、加えて当社のサービスを利用して宿泊いただいた人の数、こちらも順調に拡大していると、この双方の影響がございまして旅行分野、15.4%と大変高い伸びとなりました。
また美容分野につきましては、こちらも順調に、ネットの予約件数が拡大しているということでありまして、結果、既存のクライアントの取引金額、これも増加しておりますし、新規のクライアントの獲得、これも進んでいるということでこちらも双方の影響がございまして売上高は前年に対して20.8%の増ということで、大変高い伸びが実現できました。
また飲食分野でございますが、引き続き大手のクライアント、居酒屋チェーン店とか、そういったところの業績の影響を受けておりまして、伸び率的には4.5%の増収となっておりますが、昨年度につきましては2%台の伸び率でしたので若干増収の幅については改善傾向というところであります。ただ、こちらの飲食領域につきましては、戦略といたしましては、ネットの予約市場というところが、今大きく拡大している中で、そのネットの予約市場の中で圧倒的なポジションを早期にとってしまうという戦略でやっておりますので、基本的に柱は中小のクライアントの獲得というものを進めるということでございまして、結果、有料の掲載店舗数を伸ばしていくということに注力いたしました。
そしてこの、有料の掲載店舗数の伸び率で言いますと前年に対しまして26%増となりましたので、こちらの取引社数の拡大というのも順調に進んでいるというところであります。

国内トピックス飲食・美容

リクルートホールディングス国内トピックス

そのネットの予約市場の状況でございます。
毎四半期お伝えしておりますが、飲食分野のネットの予約人数は721万人、美容領域でいきますと予約件数が809万件となっております。季節のトレンドいうものがありますので、昨年の第1四半期と比較しても依然として大きく成長しているというような状況でございます。

国内トピックスAirレジ・受験サプリ

リクルートホールディングス(国内トピックス)

我々、決算のときにもお話しましたが、EBITDAオーガニックにひと桁の中盤から後半、伸ばしながら将来の成長のために様々な重点分野に投資をしていくというお話をしました。その代表的な領域がAirレジを中心とした中小企業の支援の領域、あるいは教育産業、あるいは海外で言いますとIndeedの領域と、こういったところに、こういったいい時期だからこそ、思い切った投資をするんだというお話をしました。そのへんの重点投資分野の状況についてご説明したいと、こういう風に思っております。
まずは中小企業向けの業務支援分野として進めておりますAirシリーズの展開ですが、第1四半期末におけるAirレジの登録アカウント数は17.6万件となっております。
また、このAirレジと連携して利用可能なスマートデバイスを用いましたクレジットの決済サービスAirペイメントという名前のサービスですが、こちらの提供を11月中旬よりあらたに開始するということを決定いたしまして、そのための別会社も設置いたしました。特徴としては業界で最も安い水準の加盟店手数料であったり、私どもが推奨する銀行であれば月6回まで無料での入金が可能であったりということで、さまざまな加盟店にとってリベースの高いサービスというものの提供を目指していきたいというふうに思っております。こういった形でサービスの拡充をすすめながら、Airレジのカウント数を将来の100万アカウントに向けて伸ばしていきたいと、こういう考えであります。これが左側の話であります。
右側は教育産業ということで進学分野についてでありますが、この第1四半期末における
受験サプリの有料会員数でございます。13.3万人ということであります。この1Qの累計実績というふうに書かれていますが、この13.3万人というのは6月の末時点のショットの人数です。昨年の6月末時点のショットの人数が2.6万人でございますので、大変大きく有料の会員数を伸ばせているという状況でございます。こちらも順調に拡大が進んでいるところであります。

海外トピックス

リクルートホールディングス(海外トピックス)

こちらは海外のトピックスということで、こちらも重点投資ということでヨーロッパのオンライン予約市場、これから大きく拡大するのではないかという風に見ておりまして、その中で飲食領域、そして美容領域のM&Aを行ってまいりました。その飲食領域において予約サービスを展開するQuandoo社のPLの新規連結がこの第1四半期から行われたと、こういうところであります。何度かご説明しておりますがこの事業、現在ヨーロッパにおけるオンラインの飲食予約数ナンバーワンの実現に向けまして予約可能店舗数の拡大、これに注力しているところであります。3年後3万店舗というものを視野に入れて、3年後の黒字化ということを念頭に置いておりますが、今このタイミングでいくとこの予約可能店舗数の拡大のための投資というものを強化しております。
3月末時点でいいますと、6,906店舗ということで、こちらも順調に店舗数拡大してきております。直近、足元の状況こちらは第2四半期の決算のところでご説明したいと思っておりますが、6月末時点で言いますと、これが8,000店舗以上まで拡大してきております。ということで、この予約可能店舗数の拡大についても大変順調にいっておりまして、結果、子会社化したときのプロジェクションにつきましても想定通りで今のところすすんでいるというようなところでございます。
なお、美容領域の予約サービスを展開するHopspring社、こちらの連結への取り込みにつきましては、第3四半期からを予定しているというところでございます。
以上、販促メディア領域の重点投資分野の進捗状況についてお伝えいたしました。

人材メディア事業の業績売上高/EBITDA

リクルートホールディングス2-(Ⅱ)人材メディア事業の業績売上高EBITDA

つづいて人材メディア事業でございます。
売上高につきましては、内外合わせまして16.2%増の803億円となっております。一方、EBITDAでございますが、こちらも何度かお話しておりますが、Indeedでありますけど、こちらはさらに中長期的に成長を持続させるということをやっていくために、引き続き、米国、あるいは米国以外におきましてユーザー集客、これのための投資というものを強化しております。この結果EBITDAにつきましての伸び率は8.6%増の213億という水準でございます。

人材メディア事業の業績国内人材募集

リクルートホールディングス2-(Ⅱ)人材メディア事業の業績国内人材募集

まず国内人材メディア領域でございますが、みなさんご存知のとおり6月の求人倍率1.19倍ということで、引き続き好調な市場環境が継続している中で、私どもの国内人材メディア事業につきましても前年伸び率6.1%増ということで、堅調なトレンドを維持できております。

人材メディア事業の業績海外人材募集

リクルートホールディングス2-(Ⅱ)人材メディア事業の業績海外人材募集

海外の人材募集領域でございます。こちらは80.6%の大幅な増収ということでございます。
為替による業績影響額が15億円ぐらいと想定しておりますので、その影響を除いた場合の売上高伸び率は64%ということで、為替の影響を除いても大変高い伸び率が持続できているということであります。また、さきほどユーザーの集客に関わる投資を強化しているというお話をいたしましたが、2015年の3月時点における月間ユニークビジター数、こちらは前年同時期比52.6%増、1億7,700万となっております。その意味ではユーザーの獲得というものも大変順調に拡大できているというところであります。

人材派遣事業の業績売上高/EBITDA

リクルートホールディングス2-(Ⅲ)人材派遣事業の業績売上高EBITDA

最後に人材派遣事業についてご説明いたします。
売上高、国内の派遣領域が堅調に推移したということに加えまして、海外の派遣領域の分野におきましても為替の影響、あるいは一部子会社のPeoplebankですね、業績寄与によりまして前年度時期比13.6%増1,842億となっております。EBITにつきましては特に海外の既存子会社におきまして効率的な経営というものが進んでおりまして、結果、16.1%増の105億となりました。

人材派遣事業の業績国内派遣

リクルートホールディングス2-(Ⅲ)人材派遣事業の業績国内派遣

国内の派遣領域でありますが、こちら、さきほどもお話しましたような好調な市場環境というものもございまして、売上につきましては前年同時期比4.8%の増収ということで、こちらも堅調に推移いたしました。

人材派遣事業の業績海外派遣

リクルートホールディングス2-(Ⅲ)人材派遣事業の業績海外派遣

海外の派遣領域でございますが、こちらの売上ですが円安の影響等を受けた結果、前年同時期比26.3%の増収であります。この第1四半期でPeoplebankの新規連結をいたしておりますので、そのPeoplebank社の連結期間、この第1四半期では2ヶ月でございますので、売上高で95億円の業績寄与となっております。為替変動による業績影響がプラス89億、新規の連結、Peoplebankの連結これを除いた、純粋、為替の影響を除き、そして新規のM&Aの影響を除きというところでいくと実は売上高は1.6%の減収となっております。これはですね、もともと我々海外における派遣事業のマネジメントの仕方としてユニット経営というのをやっておりまして、収益に結びつかないようなお取引については無くしていくと、いうようなことをやっておりますので、そういったことを推進したというのが1点と一部ですね、アメリカにおいてシェルガス、エネルギー関係の産業、ここの部分の取引が落ち込んだというところで、減収となっておりますが通期見通しにはこの減収は織り込み済みということでございまして、減収があってもEBITDAのマージンの改善というものを進めるという中で、EBITDAのグロス金額を伸ばしていくと、こういう計画でございましたがこの計画以上にEBITDAのグロスの拡大は進んでおりますので、こちらの海外派遣の事業についても大変順調に進んでいるところであります。
繰り返しになりますが、オーストラリアのChandler社、アメリカのAtterro社の連結への取り込みは第2四半期からということになります。

人材派遣事業の業績海外派遣

リクルートホールディングス2016年3月期通期見通し

最後に通期の見通しでございます。
第1四半期の実績は今ご説明いたしましたとおり、既存事業のベースを含めまして順調に進捗しております。通期の見通しについては期初公表した見通しで変更なしということでお願いできればというふうに思っております。

以上でご説明を終了させていただきます。ありがとうございました。

リクルートホールディングスのIRはこちら
http://www.irmovie.jp/ir/flashpresenter.php?t=1484877267&conts=recruit201508

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です